キリスト教の火葬式の内容や牧師の祈祷。

キリスト者記念会窓口対応の火葬だけの式は御通夜をやりません。

順序は簡素ですが、牧師が隣人愛の精神で用意します。

最初に信奉者メモリアル増援受付にお問い合わせください。

息を引き取った場所に寝台車でお迎えに行きます。

続いて、ご遺族の皆様で納棺をします。

斎場に行って、故人様をお別れします。

奉仕者が御遺族を道案内します。

召天者の地上での歩みに感謝しつつ、祈りをするようにします。

奉仕者が適切な聖なる書物の御言葉を宣告します。

キリスト教の火葬式

お母様のためにクリスチャン追悼を、ご令息からご依頼受けました。

85才であるお母さんは、ほぼ四十数年前に米国の教会で牧師に洗礼を受けたそうです。

だけど、帰国してからはジャパンの教会組織に通うことができず、頻繁に礼拝に通うことは多くなかったようであります。

コンディションが悪くなって病院に入ってから、最期はキリスト教葬儀をやってほしいと言われ、ご長女様が決めたとおっしゃっていました。