キリスト教の墓石を作る業者や墓地選び。

基督教信仰者が墓石を建てるのは、蘇りの時のために安置しておくということであります。

世界の終わりには、あらゆる人類が復活して、最後の判決を受けるとヨハネの黙示録で書かれています。

断じて、身体と無関連ではない。

イスラエルという国にあるオリーブ山には、クライストの再臨の日に即座に墓の中から復活させられ、キリストのもとに携挙されるようにと、多数のクリスチャンが石の棺の中に遺体を安置しています。

このような聖典の復活の預言のために墓石に肉体を置いておくのが、キリスト教信者にとっての墓石の意味です。

キリスト教の墓石

エルサレム旧市街に行くと、贖い主イエスさまの墓であると伝えられている石造りの棺を中心部にした聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)が存在する。

ローマ皇帝のコンスタンティヌス 1世の母親がエルサレム旧市街を訪れ、霊感的な御導きによって聖遺物(せいいぶつ)目のあたりにし、そこに教会堂を築いたと伝えられている。

聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)には、贖い主イエスさまの御体を横に臥して良い香りがするオイルを塗ったと伝承されているピンク色の石板が飾られている。

永遠の都イスラエルに存在する救い主イエスさまのお墓(The Garden Tomb)についての説明。

日本の青森にある「キリストの墓」は捏造でありますが、正真正銘のものは永遠の聖地イスラエルに存在する。

お墓(園の墓)の内部には御棺が造られていた事跡があり、聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)に埋葬されている石の棺や板はこの場所から持ち出されたという可能性もある。